モバイルルーターでおすすめ無制限プランはコレ

モバイルルーターは対象エリアなら場所を問わずに使用できてとっても便利です。
モバイルルーターで通信制限を気にしないで利用できるおすすめの無制限プランをご紹介します。
モバイルルーター選びのご参考になさって下さい。

無制限プランを使用する場合に注意をすることがあります。
それは、契約年数です。
2年間とか3年間といった一定期間の契約になります。
一定期間内で契約を解除すると違約金が発生する場合がありますのでご注意下さい。

 

おすすめの無制限プランはコレ

WiMAX2+

おすすめの無制限プランは、WiMAX2+はUQ WiMAXの高速モバイル通信です。
通信速度が下りで最大440Mbpsとなっています。
UQ WiMAXのWiMAX2+はこの通信速度が早いのが特徴です。
ここがおすすめポイントです!
ただし、この数値は最大値ですので、建物が密集していたり、地下や屋内などの諸条件によって数値は異なります。
室内でもモバイルルーターを置く場所によって通信環境は異なってきます。
モバイルルーターなら設置可能な場所ならどこでも置けますので、屋内の通信環境のよい場所に置くことが出来ます。
ご契約なさる場合は、必ず通信速度のご確認をなさることをおすすめします。

 

WiMAX2+で月額データの再上限なしで利用できるおすすめのプランが「UQ Flatツープラスギガ放題」です。
契約年数は、2年と3年がありますので、ご希望に合わせて選ぶことが出来ます。
「UQ Flatツープラス」という月額7GBまでといったプランもありますので、名前が似ていますので注意です。
月額のデータ再上限なしとなっていますが、3日間のデータ使用が10GBを超えると一定期間の速度制限が掛かります。

 

WiMAX2+は通信速度がダントツで速いのが特長です。
しかし、デメリットもあります。
屋内や遮蔽物が多い所で電波の届き具合が良くないことがあることです。
ご契約の際は、電波状況をご確認下さい。

 

「UQ Flatツープラスギガ放題」と「UQ Flatツープラス」は途中で契約内容を変更することが可能です。
無制限ではないコースから無制限へ変更することや、逆のケースも可能です。
詳細は公式サイトをご覧下さい。
↓     ↓     ↓
超速モバイルネットWiMAX 2+!!ニッポンを、超速へ。

 

 

 

3wimax

次におすすめの無制限プランはKDDIの3wimaxです。
月のデータ量の制限がないおすすめの無制限コースは「ギガ放題プラン」です。
「ライトプラン」だと月のデータ量が7GBまでと制限があります。
3wimaxは契約期間中に上記のコースへ変更が可能です。
通信速度は、下りで最大440Mbpsです。
この数値は最大値なので、ルーターを設置する環境によって数値が異なってきます。

 

3WiMAX2は速度がダントツで速いのが特長です。
しかし、デメリットもあります。
屋内や遮蔽物が多い所で電波の届き具合が良くないことがあることです。
ご契約の際は、電波状況をご確認下さい。

 

料金が「ギガ放題プラン」の場合、始めの3か月間通常料金が毎月635円安くなるのが特徴です。
ここがおすすめポイントです!
auスマホ割というコースがあり、併用するとauスマホの月額料金が割引になります。
auスマホのユーザーの方はお得です。
詳細は公式サイトをご覧下さい。
↓     ↓     ↓
【月額1,970円】3WiMAX

 

 

カシモWiMAX

次におすすめのモバイルルーターはカシモWiMAXです。
特長は、利用可能なルーター端末が無料で使えます。
料金はギガ放題プランで1〜2か月目が月額1380円とお得になっています。
3か月〜24か月、25カ月目以上も通常料金よりお得な料金プランとなっています。
対象内の故障を無償で修理してくれる修理保証が月額300円で追加出来ますので、普段モバイルルーターを持ち運びしている方にとっては重宝します。

 

カシモWiMAXの詳細は公式サイトをご覧下さい
↓     ↓     ↓
とにかく安いWiMAXならこちら

 

 

ONLYmobile

次におすすの無制限プランがONLYmobileです。
ONLYmobileはドコモのクロッシー回線(LTE)を利用していますので、繋がりやすいのが特長です。
遮蔽物が密集している地域などでのご利用におすすめのモバイルルーターです。
※状況によりご利用になれなかったり、速度が低下する可能性があります。

 

使い放題プランがデーター上限なしの無制限プランです。
パソコンやタブレットをお持ちでない方は、パソコンやタブレットが一緒になったセットプランもあります。

 

通信速度は一部の地域では、下り最大150Mbpsです。
それ以外の地域では、112.5Mbps、100Mbps、75Mbpsとなります。

 

基本的に使い放題プランなra無制限となりますが、3日間のデーター使用量が2GBに達した場合、速度制御が掛かります。

 

Mbpsって何?

通信速度を表す単位にMbpsというものがあります。
本サイトでも使用しているMbpsってどんな単位なのでしょうか。

Mbpsはメガビーピーエスと読みます。
1秒間に送受信できるデータ量を指す単位です。
例えば、75Mbspとは約9MB分のデータを1秒間に送受信できるということになります。
インターネットを閲覧するのに必要な一般的なデータ量は1Mbpsと言われています。
動画なら3Mbpsくらいあれば高画質のものも閲覧できると言われています。

 

もちろん、ネットを利用している環境や状況などによって通信量は異なりなります。

 

また、同じく通信速度を表す際に「上り」とか「下り」という表現を使っていますが、コレらの違いって何なのでしょうか。
「上り」とはデータを送信する場合に使用する言葉で、「下り」はデータを受信する場合に使用する言葉です。

 

いわゆる、「上り」とはアップロートを指し、「下り」はダウンロードを指します。
ネットを利用して文章、画像、動画を閲覧する場合は、ネット上からこれらをパソコンやタブレットに受信することになります。
通信速度に関しては「下り」を重視なさることをおすすめします。
パソコンやタブレットのプライベートでの利用でメールの送信以外でデーターをアップロート・送信する機会はあまりないのではないでしょうか。

 

料金プランを事前にチェックする

無制限プランのモバイルルーターを契約する前に料金プランをチェックして下さい。
無制限プランのモバイルルーターを選び時に、利用状況などによって選ぶ基準があると思います。
あなたもこだわりがあると思います。
料金、契約期間、ルーターの種類、電波のエリアなど様々だと思います。

料金で比較して決める場合に、月額料金だけを見て比較はしないほうがいいと思います。
月額料金で比較するのではなく、契約期間の総額で比較をしてみては如何でしょうか。
契約期間が2年の会社と3年の会社がありますが、もし期間が異なっている場合は、それを契約期間で割ってみると1か月辺りの平均値を出すことが出来ますので、平均値で比較してみる方法もあります。

 

割引額が契約期間で一定の会社もあれば、月によって変動する会社もあります。
また、利用料金以外の割引サービスを付けている会社もあります。
契約期間トータルで比較したほうが、コスパのよい料金制を見つけやすいと思います。

 

モバイルルーターの回線の種類

モバイルルーター(ポケットwifi)の回線の種類は大きく分けると2種類あります。
スマホと同じLTE回線を使用するものと、WiMAX回線を使用するモバイルルーターがあります。

 

それぞれの特徴は

 

【LTE回線】

  • エリアは全国をカバー
  • 通信速度(理論値)下り最大788Mbps
  • 通信制限下で128Kbps

 

【WiMAX回線】

  • エリアは都市部を中心にカバー
  • 通信速度(理論値)下り最大558Mbps
  • 通信制限で1Mbps

 

このような特徴があります。

 

エリアで選ぶならLTE回線がおすすめで、通信制限や無制限で選ぶならWiMAXがおすすめということになります。

 

エリアに関してはご契約時にあなたのご住所の通信状況をご確認下さい。

 

通信速度は利用環境、契約する会社などによって異なりますが、上記の数値の半分以下でもストレス無く通信をすることが出来ます。

 

WiMAX回線は電波の性質上、建物が密集していたり地下街などでは送受信がしにくい時があります。
そして、モバイルルーターによってはau 4G LTE回線と併用できるコースもあります。
しかし、回線を併用した場合は別途料金が発生しますので、詳細はご契約時にご確認下さい。

 

WiMAXは通信制限が掛かっても、翌日の18時から翌々日の2時までの間、通信速度が1Mbpsに制限されますが、1Mbpsは低画質の動画なら閲覧できる速度ですので、通信が大幅に制限される訳ではありません。
よって、実質的に回線速度が無制限と言えそうです。
※通信環境によります

 

 

クレイドルの有無

クレイドルはモバイルルーターを置く土台です。
アダプターと設置すれば充電台として利用できます。

 

クレイドルは付属してくる場合としてこない場合がありますので、無制限のプランをご契約する際に確認をなさって下さい。
モバイルルーターには付属でケーブルが基本的には付いてきます。
モバイルルーターによりますが、ケーブルを利用してUSBポートから充電をする物と、アダプターを設置してコンセントから充電をする物があります。
ケーブルは付属してきますが、アダプターが付属しない場合があります。
その場合、アダプターは別途購入になります。
勿論、USB経由で充電をすればアダプターは必要ありません。

 

では、クレイドルは必要なのかというと、上記のようにどのように充電をしたいのかというユーザーの希望次第なのです。
ルーターをUSB経由で充電するだけならクレイドルは必要ありません。
コンセントから充電したい場合でも、ケーブルをルーターに接続すれば充電は出来ます。
しかし、ワンタッチでルーターに接続させたい、常にフル充電の状態がイイという場合はクレイドルがあった方が便利です。
あと、ルーターからパソコンに無線LANで接続する場合は、クレイドルは要りませんが、KANケーブルなどで有線接続をしたい場合は、クレイドルがないとLANケーブルに接続が出来ません。
ルーターからPCへの通信環境を安定させたい場合は有線LAN接続の方が優位です。

 

このように充電をする状態やLANケーブル接続の有無によってクレイドルを用いてみてはいかがでしょうか。

トップへ戻る